ほんとうの手とぼく

切手の収集と切手買取りの世界に関して

マニアが泣いて喜ぶのが、レアな切手ではないでしょうか。もとは一枚百円以内であっても、付加価値がついて数万円になることがあります。値段について知りたくなれば、切手買取りのお店に相談するのがお勧めです。外国の切手は珍しいですし、高額な値段が付くことがあります。中高年で切手の収集を趣味にしている方は多いですし、是非とも持ち込みをしてみてはどうでしょうか。持ち込みが難しい場合は、インターネット査定を依頼することが出来ます。手続きも簡単ですし、遠方に住んでいても安心感があるはずです。切手は収集してもスペースを取りませんし、値段が上がるのを見極められると副業としても成り立つはずです。新規に開業をして切手買取りを始める方もいますし、今最もホットな業界と言えるのではないでしょうか。地方にはお宝が眠っていることもありますし、旅行を兼ねて探索に出掛けて見ても面白いのではないでしょうか。掘り出し物に出合えると幸せです。